クリアネオは全身に使える?使えない場所ってあるの?

ワキガ専用クリームとして人気のクリアネオですが、脇以外にも使えるのでしょうか?

気になったので、調べて見る事に!

クリアネオは全身に使えるのか?

クリアネオはワキガ対策用クリームなので脇にしか使えないのではと思われがちですが、脇以外の場所にも使うことができます。

足、胸、デリケートな陰部にいたるまで幅広く使うことができます。

デリケートな部位にも使うことができるのが嬉しいポイントです。

脇だけでなく、全身の臭いケアに幅広く使うことができることが分かります。

全身に使うことができる理由は天然の植物エキスを使用しているからです。

天然成分で作られているクリアネオだからこそ脇、足、陰部など臭いが気になる場所あちこちに使うことができるのです。

アトピー肌や敏感肌など刺激を感じやすい肌質の方にも安心して使えるように無添加、無香料に仕上げているので肌への刺激が少なく、全身に使っても安全なのです。

クリアネオの使い方

クリアネオは身体を清潔に洗った後や拭き取った後にワンプッシュ取って、脇、足、陰部、胸など臭いが気になる部位に直接塗り、クリアネオを伸ばしていきます。

1日1回の使用で汗と臭いを抑制し、快適な状態を保つことができます。

クリアネオはプッシュボトルなので、必要な量だけをワンプッシュずつ出して使うことができ、臭いの程度によりクリームの量を調節できるので使いやすいです。

肌への密着性や浸透性が高いので、塗ってすぐに服を着てもベタベタしません。

クリアネオが使えない場所とは?

クリアネオはトラブルが起こりやすい敏感なデリケートゾーンにも使うことはできますが、デリケートゾーンでも粘膜部分には使うことはできません。

クリアネオの公式サイトにも「粘膜部分を避け、陰毛部分を中心お使いください」と書かれています。

ですが、粘膜部分が臭うと悩む方も少なくありません。

実は粘膜は臭いの原因とは無関係なので、粘膜にクリアネオは塗る必要はないのです。

デリケートゾーンの臭いはアポクリン腺がある陰毛部分に汗をかいて蒸れてしまうことで臭いの原因菌が増えて強い臭いを発するので、陰毛部分にクリアネオを塗るのが効果的に臭いをシャットアウトできるのです。

臭いの原因であるアポクリン腺は毛根に沿って存在するので、毛が生えなく、毛根がない粘膜には臭いを発する原因は作られないのでクリアネオを塗る必要がないので、粘膜部分に使えないのです。

よって、陰部などデリケートゾーンにクリアネオを塗りたい場合は粘膜部分にかからないように、陰毛が生えている部分にクリアネオを塗るようにします。粘膜部分にかからないようにクリアネオを塗ることが正しく安全に使う方法です。

関連記事

NO IMAGE

クリアネオは重度のワキガにも効果ある?

NO IMAGE

クリオネアの定期便の間隔を変更する方法と解約方法

NO IMAGE

クリアネオ届くまでの期間が気になる!