クリアネオボディーソープの量や成分について

クリアネオはワキガクリームとして有名ですが、実はクリアネオボディーソープも密かに人気が出てきています。

そこで、今回は、クリアネオボディーソープの量や成分についてご紹介致します。

クリアネオボディーソープの量は?

ボトル1本に含まれる量は300mlとなっています。

使う量の目安は3プッシュであり、毎日3プッシュ使い続けると約1ヶ月で使い切れる位の量です。

クリアネオボディーソープに使われている成分とは?

クリアネオボディーソープに使われている成分として「O-シメン-5-オール」「柿渋エキス」「ヒアルロン酸」が注目成分です。

「O-シメン-5-オール」は微生物や細菌の繁殖を抑える作用をもつ成分です。

つまり、臭いの元となる雑菌を抑制し、消臭効果が期待できます。

この成分の働きによってワキガなどの強い臭いを抑えて、臭い改善へとつなげます。

汗や蒸れによって皮膚の菌が繁殖し、増えてしまうと臭いを強くする原因となります。

皮膚の菌の繁殖を防ぐだけでなく、殺菌する効果も期待できます。

臭いの原因となる雑菌の繁殖を抑えてくれ、幅広い微生物に対しても効果を発揮してくれる成分です。

体臭を発生させる細菌を減少させ、殺菌や抗菌作用を引き出し、気になる臭いを改善し、自信が持てるようになります。

「柿渋エキス」は加齢臭などの独特な臭いを抑える作用があります。

臭いを抑制する効果に優れているので、気になる臭いを減らし、外側からの臭いをカットできます。

柿渋エキスは自然由来の成分なので安全です。

抑臭効果や殺菌効果があり、体臭やワキガを防ぐことができます。

タンニンはお茶にも含まれている成分ですが、柿は特にタンニンの含有量が多いのでより殺菌や臭いを抑える効果が高いです。

「ヒアルロン酸」は優れた保水効果を持つ成分です。

わずかなヒアルロン酸の量で多くの水分をキープできるので、保湿効果が期待できます。

ボディーソープで洗った後の乾燥を防ぎ、肌の潤い成分を逃さず保つことができます。

よって、クリアネオボディーソープは消臭効果が期待できる有効成分だけでなく、肌の潤いを守り保湿してくれる美容成分も含まれていることが分かります。

クリアネオボディーソープの使い方

使い方のポイントは泡立ちを良くすることです。

しっかりと泡を立てられ、効果的に臭いを防止するための使い方を紹介します。

まずは、お湯で髪の毛や身体についたほこりや汚れをしっかり予洗いします。

この予洗いである程度の汚れを落とすことができるので、しっかりと行うことが大切です。

次に、ボディーソープを3プッシュ取ります。

空気を含ませるようにしてボディーソープの泡を立てていきます。

目安としてモコモコとしたムース状の泡です。

ボディータオルや泡立て用のスポンジを使って、ボディーソープを揉み込むようにして泡を立てるのがポイントです。

しっかりと泡を立てたら手と泡で洗います。

泡で洗うことで肌への負担も少なくて済み、必要な常在菌を残した状態で洗い上げることができます。

ボディタオルでゴシゴシ洗うのではなく、手で軽く優しく洗い上げます。

最後はしっかりとすすぎましょう。洗い流す際の温度は36度から39度くらいの高すぎない温度で行います。

すすぎが足りないと臭いの原因菌が繁殖し、臭いを発生させることにつながってしまうので、細かい部分もしっかりと洗い残しのないようにすすぎます。

関連記事

関連記事がありません。